シンプルライフかわうそ.29

かわうそ顔の男が運営してます。シンプルライフを目指します

2年ぶりにゴルフの練習に行ったら、頭がとんでもなく疲れた

こんにちは。

 

2年ぶりのゴルフの練習では350球打ちましたが、頭が最も疲れました・・・

 

今日は1日休みでしたので、はがきが届かず忘れかけていた免許更新に行ってきました。無事ゴールド免許を取得!

 

保険代安くなる!と喜びのあまりソニー損保に電話しましたが、契約途中の免許ランクの変更による保険料更新はできません。と一蹴・・・要するに、契約時の免許ランクで料金が決まるので、来年の3月までは今の保険金で我慢です。

 

そして帰り際にゴルフの打ちっぱなしに行ってきました!彼女が練習に行ったと聞いて、いよいよ練習せねばと思ったのです。

 

実に2年ぶり!!(ちゃんと行くのは)

 

ゴルフギア、ゴルフウェアについての知識はありますが、ゴルフを全くしてきませんでした。なので、スイングの指導なんかは、それらしいことを言ってお客様を納得させることができるように、他の社員がよく使うワードを盗んで準備をしていました。(会社のルールでスイング指導は禁止されているので、そこの知識は必要とされない職場環境です)

 

実践。

 

全く当たらない!!笑

 

2年前はラウンド回れるくらいにはできてたのにな・・・

道具だけはもらいものばかりですが、いっちょまえにそれなりレベルなので、周りからの目線も鋭く痛い・・・

 

周りにどう思われるとか関係ない。自分が今何をしたくてどうしたいのか、そこだけに集中すればいい。最初は誰しも下手くそ。そういう醜い姿をさらせることも泥臭い美しさがあるし、行動することが大事やから、俺はこの圧倒的アウェイに負けない!!!

 

そんな気持ちでまず最初のコイン(50球)を消化しました。ここで僕は、最近のマイブームである、本質を考え始めます。

 

"スイングの本質ってなんだ??"

 

そう。スイングの本質。なんだろうと考えました。

結局は、最初に構えた位置(アドレス)にヘッドを帰すことを再現性を持って実現すればよいのだと思いました。

 

僕のようなレベルだと、ボールに当たるか当たらないかがまずファーストステップになります。つまり、ベストショットを目指すよりも、まずスイングがボールに当たらないのはなぜかを解決する必要があると思いました。

 

スイングがうまくボールに当たらない要因は2つしかないと考えられます。1つは、ボールに対して上下にブレる場合。もう1つはボールに対して左右にブレる場合です。

上下にブレるとトップやダフリになり、左右にブレると、空振りやシャンクになります。

 

まず僕は1つ目の上下ブレへの改善を試みました。なぜ上下ブレへの対策が先であったか説明します。まず、この段階での目的は、スイングの結果ボールにクラブヘッドを当ててボールを前に飛ばすことです。ボールを前に飛ばせるかどうかに関しては、クラブヘッドの先側(トゥ)かシャフト側(ヒール)に当てるかよりも、ダフリやトップを防ぐことの方が大切だからです。だってダフリとトップって全然前にボールが飛ばないんです。トゥやヒールって当たったら前に飛ぶんです。手は痛いけど・・・

 

実際ゴルフ場でラウンドしてみると、ダフリやトップってマジで前に進まないです!地形も高低差があるし、練習場の人工芝のマットみたいに、ゴルフ場の芝は滑ってくれないので、思いっきり土をバチコーンって叩いちゃいますからね。

 

僕は素振りを繰り返して、スイング中のどういう動作が上下ブレへ影響するのかを確かめていきました。

 

まずトップに対する原因。ヘッドアップ(スイング中に顔が上がる)、前傾姿勢の解除(膝が伸びる)、両腕の力み(特に右腕)によるものが大きいと分かりました。つまり、スイング中に前傾姿勢が高くなってしまうこと、腕が縮んでしまうことが原因です。

反対にダフリが起きる原因は、両腕の緩みと、前傾姿勢が深くなることでした。

 

つまり、上下ブレのミスというのは、❶前傾姿勢の位置がスイング中に変化してしまうこと、❷スイング中に両腕が構えていた位置から離れたり近づいたりしてしまうこと、この2つの要因により発生していると仮定できました。

 

❶に対するアプローチとして、コンパクトなテイクバックが効果的でした。オーバーなスイングはクラブに体が引っ張られてしまい、ヘッドアップや膝の伸びによる前傾姿勢のブレが大きくなりました。つまりスイング中のトップの位置の調整です。背骨を軸として両肩を使い、体の中心をブラさない効率的なテイクバックを意識するとうまくいくことが分かりました。たぶん、背筋でゴルフをする!とか言う人と同じことです。とにかく、手でテイクバックせず、背骨を中心に背筋と肩を回してテイクバックすることで、オーバーテイクを防ぎ、体の軸をぶらさず、スウェイや膝の伸びを防止するのです。

 

❷スイング中の両腕の伸び縮み?に対する対策は、両脇を閉めて、三角形を維持することが対策として有効でした。基本中の基本だろ!って思う人が多いと思いますが、あえて両腕をだるだるに緩めてみればダフッてしまうし、あえてスイング中に両腕をガチガチに力ませてみれば、トップどころかボールのはるか上を空振りました。鉄則中の鉄則ですが、両肩両腕グリップの三角形をスイング中に維持することは、上下ブレを防ぐためには必要なステップでした。

 

以上2点の対策により、たった100球でボールに当たる確率は9割くらいになりました!

 

しかし、当たるのは当たるけど・・・左右にぶれるので芯を外して打感が固かったり、手が痛くなったり、番手毎の適切な飛距離が出なかったり・・・という問題が解決できていません。

 

なので次は左右ブレに対する改善です。ここに関しては、"点と点ではなく面に乗せる"の考え方に基づいて修正していきました。つまり、ボールに対するクラブの直線移動距離を長くすることで、インパクトエリアを増やそう!って考えです!(分かりにくいですよね)

 

図解します。

スイング軌道

スイング軌道(イラレで描いた)

図にしても分かりにくかった・・・

どうでしょうか。きっと天邪鬼な人以外は、まっすぐボールを飛ばすのに最も適しているスイング軌道は①だと答えると思います!実際、②と③の軌道でまっすぐ飛ばそうと思うと、ボールに回転をかけたり、ピンポイントな点と点でインパクトが必要だったりと安定しません。

 

だから、僕はどうすれば①の軌道でヘッドが返ってくるかを試行錯誤しました!

 

答えはテイクバックと左手にありました。極端にインサイドやアウトサイドにテイクバックしてみたところ、ストレートの軌道にはなりませんでした。逆に、アドレス位置からストレートにテイクバックをすると、ストレートに戻ってきました。イメージはクラブを背骨を軸に肩と背筋を使って真上にテイクバックしていく感覚です。

 

テイクバックがいくら良くても、インパクトまでのダウンスイング中に不必要な動きを入れては台無しです。そこで大事になってくるのが左手です。なぜ右手ではなく左手なのかを説明します。

 

右利きのゴルファーにとって、左手主導でスイングせよという言葉は、耳にタコができるくらい聞かされていると思います。スイング中の働きは右手と左手で違います。

左手は引っ張る動きを担うので方向性を決定します。

右手は押し出す動きを担うのでスイングにパワーを付与します。 

 

これは一度でもゴルフをしたことがある人なら感覚的に分かることだとは思います。方向性を決定づけるので、まっすぐ飛ばすには左手が大切なのです。

 

ダウンスイングで、左手をまっすぐストレートにクラブヘッドがボールをとらえることをイメージして動かします。どこまでも直線的にまっすぐに。

 

最終的に、素振りをした時に、あ、このスイングは絶対当たる!!という感覚が得られ、案の定やっぱり当たるようになりました!5番アイアンもバシバシ当たるようになったので、俺すげーー!!!番手専用ではないスイングの本質学べてるやんーーーー状態でした!!!

 

今までの説明を全てまとめると

①アドレス時の前傾姿勢を維持するために、背骨を軸に肩と背筋を回し、無駄のないコンパクトなテイクバック(スイングトップの位置をコントロール)をする

②両腕と両肩の三角形を維持し、腕の伸び縮みがないように脇を閉め、変な力みを入れない

③ダウンスイングは左手主導で。ボールに対して長く直線的にクラブヘッドが通り抜けるイメージで左手を引っ張っていく。

この3点のみです。

 

溢れるスイング理論や定石に当てはまる話だとは思います。ド素人が仮説を立てPDCAを回してみるとうまくいったという事実は、ゴルフは再現性だ!芸術は爆発だ!ってことなのではないでしょうか。

 

ゴルフのスイング理論や知識ベースで進めたわけではありません。サッカーの経験と日々の課題解決的な思考回路の融合の結果だと思いました。AすればBが起こる。Cの結果を出すにはDとEとFのリソースが必要で・・・みたいな理系出身の論理的思考力と、仕事で養った組織マネジメント的思考癖とゴルフの知識・・・。サッカーで身についてた、脳内イメージに合わせて体を動かすことのできる運動神経・・・?が合わさった結果であってほしい。

 

たった2時間程度のゴルフの練習を、3500字程度には言語化できるようになりました!

薄く延ばしてる?内容がない?でも成長はしているはず。

 

運動をした後にここまで頭が真っ白で疲弊したことも初めてでしたが、ここ数年で最も脳に負荷がかかった濃い2時間でした。瞬間に集中するという点で、瞑想とゴルフって似てると思いました・・・

 

自分の成長を感じたし、もっともっと本質を見極め、自分の意見と考えを持って、人生を主体的に選択して生きていきたいと思いました。選択肢を減らし、シンプルに大切なことだけを大切にしていきたいし、もっと多くを知って、もっと多くを考えて、賢くなりたいし、仕事ができるようになりたい。

 

また、練習行こうと思います。